Menu

グリーフケア

Home

グリーフケア (いわきグリーフケア協会)

「グリーフケア」はご存知すか?

グリーフ(=grief)とは死別によって追った「深い悲しみ」のこと。

グリーフケアとは親しい人との死別によって深い悲しみや苦しみを負ってしまった方に心のケアをお手伝いすることを意味します。 私たちはご遺族を支援するために結成された、いわき市内初の民間ボランティア団体です。

「グリーフケア」の必要性

悲しみをいつまでも抱え込み、誰にも打ち明けられない。話をきいてくれる人もいない。

亡くなった人に対して「生前何もしてあげられなかった」と自責の念に駆けられる。

悲しみと同時に、自分自身や故人に対してやり場のない怒りがこみ上げてくる。

葬儀後、ひとりぼっちの寂しさを実感し、何も手につかない。外出するのも億劫になった。

上記のような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
上記のような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

家族との死別体験によって、ふだんの日常生活にさえ支障をきたす場合があります。
周囲に気づかれないようにと必死に平常心を装っていると、やがて体調不良や精神疾病にまで発展するケースさえあるのです。

どんな活動をするの?

どんな活動をするの?

臨床心理士、精神対話士、グリーフケアアドバイザーなどの有資格者がスタッフとして同席し、会の進行役をつとめます。スタッフは全員専門の訓練を受けております。(プライバシー厳守)。

いつ開催してますか?

いつ開催してますか?

1~2ヶ月に1回程度、不定期で開催しております。参加は毎回強制するものではなく、気が向いたときだけの参加でもOK。開催日はインターネットで当会のサイトを御覧いただくか、お電話、またはEメールでお問い合わせ下さい。

URL:http://iwaki-griefcare.com/
TEL:0246-45-1045

いちばん星の会

分かち合いの会と呼ばれるグループワーク形式の集い。自死(=自殺)、事故死、突然死、病死など、様々な理由で家族や肉親をなくされた方々(死別経験を持つ方)が参加します。同じ境遇にある方々との対話の場を設けることにより、悲しみや苦しみを共有し、理解し合い、互いに支え合うことで、除々に乗り越えられるという効果が期待されます。

グリーフワーク教室

死別経験を持つ方々を対象としたゼミです。講師の先生をお招きしてグリーフケア関連の講話をいただいたり、気分転換に「絵手紙教室」、「お料理教室」、「音楽鑑賞会」などを開催したり・・・。ちょっとしたカルチャー教室感覚で参加できます。

他団体とも連携、充実のネットワーク

「いちばん星の会」を運営する「いわきグリーフケア協会」は、各地でグリーフケア活動を支援する団体と情報交換・活動連携を進め、地域を越えたサポート体制で取り組んでおります。
例えば、

●福島れんげの会(福島市)
●仙台グリーフケア研究会(仙台市)
●グッドグリーフネットワーク(東京都)
●日本グリーフケア協会
●子どもグリーフサポートステーション

をはじめとする各団体。

ご希望によっては「いちばん星の会(いわき市)」以外の団体に参加することも可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

【参加のきまり】
■参加料:おひとり様500円(お茶代・事務所経費として当日徴収)
※参加資格は、家族との死別体験により深い悲しみや苦しみを抱えている方が対象です。
※プライバシー保護の理由から、見学はいっさいお断りしております。
※準備の関係上、参加ご希望の方は必ず開催前日までに事務局までご連絡ください。

連絡先:0246-45-1045

活動レポート

  • ファシリテーター養成

    ファシリテーター養成

  • 天まで届けコンサート

    天まで届けコンサート

  • 基調講演

    基調講演

その他復興支援活動

その他復興支援活動 その他復興支援活動 その他復興支援活動
その他復興支援活動 その他復興支援活動 その他復興支援活動
総合葬祭あすか 0463-89-5280 / 家族葬かのん 0246-88-6240

葬儀のご案内

総合葬祭あすか

総合葬祭あすか

【所在地】 〒973-8404 福島県いわき市内郷内町磐堰86
【TEL】 0246-45-1045

家族葬かのん

家族葬かのん

【所在地】 〒973-8402 福島県いわき市内郷御厩町1-136
【TEL】 0246-88-6240